企業情報

沿革

鳥羽洋行は、明治39年9月、鳥羽真作によって現在の中国の大連において創業しました。以来、二代にわたり、同国において鉄道、鉱山、船舶、機械などの諸工業部門に対し、機械工具、ゴム製品、鉄鋼等の生産並びに販売を行っておりました。当時、社業は順調に発展し、中国の主要都市と日本に16の支店、5つの工場を有するに至りましたが、終戦で全事業を一時中断することになりました。戦後、昭和24年12月、東京都中央区にて、新たに株式会社鳥羽洋行を設立し現在に至っております。


  • 大連本社当時

  • 銀座本社当時
昭和24年12月 (1949) 機械工具販売を目的として、東京都中央区に株式会社鳥羽洋行を設立
昭和27年 3月 (1952) 大阪市西区に大阪支店を開設(現 大阪営業所)
昭和37年10月 (1962) 名古屋市中区に名古屋出張所を開設(現 名古屋営業所)
昭和41年10月 (1966) 本社内に貿易部を開設(現 海外事業グループ)
平成 7年11月 (1995) 日本証券業協会(現 東京証券取引所ジャスダック市場)に株式を公開
平成10年 9月 (1998) 本社を東京都文京区へ移転
平成18年 8月 (2006) 新本社ビル完成
平成18年10月 (2006) 新大阪ビル完成
平成19年 2月 (2007) 本社及び全営業所においてISO14001の認証登録を完了
平成20年12月 (2008) 中華人民共和国上海市に子会社として鳥羽(上海)貿易有限公司を設立
平成24年 5月 (2012) タイ王国バンコクに子会社としてTOBA(THAILAND)CO.,LTD.を設立
平成25年 9月 (2013) 営業本部及び仙台・宇都宮・熊谷・茨城・東京南・八王子・厚木・名古屋・滋賀・大阪の10営業所においてISO9001の認証登録を完了
平成26年 7月 (2014) ベトナム社会主義共和国ハノイ市にTOBA,INC.ハノイ駐在員事務所を設立

  • 本社ビル

  • 大阪営業所ビル

PAGE TOP